当店で実施している検品内容について御案内致します(^o^)/

1.バレルチェック
現在、出荷するダーツセットのバレル全数に実施しているチェック作業です。

・形状目視チェック→初期不良による欠け、使用返品されたものでないかのチェック(場合によっては、デジタルノギスにてチェックも行います。)
・シャフト取り付けチェック(ターゲット製の金属シャフトはネジ部分が長めの為、他社製(特にUnicorn)のバレルには奥まで入らないケースがございます。)
・チップ取り付けチェック(ネジ径チェック)
・スティールティップのサビチェック(初めからティップの根元にサビが見えている場合、そこで折れる確率が高い為、このチェックを行います。
・スティールティップの形状チェック

下記は、全数チェックではありませんが、初回取扱い時やお客様によるお問い合わせ時に実施しております。(2018.08.09更新)
※ウェイトマッチングチェック(デジタルスケールにて計測、製品にて精度の定義があるものに限ります)こちらについては、全数検査が追いつかない為、サンプリングチェックとなる場合がございます。
※バレルスペックチェック バレル長さ、バレル径 なおメーカー公表の数値と現物とには必ず誤差がありますので、当店では事前にご相談頂かない限り、誤差2%未満のものは正常品として提供しております。

2.ネジ径チェック
チタン製等の硬質な金属製シャフトに対して行う検品作業です。

下記の、正常品判定された検品用バレルと組み合わせを行います。
・Unicornバレル(Phase5、Phase6)
・Targetバレル(Pyro2、Wayne Mardle)

出荷時チェックについては、領収書または納品書の備考欄へ記載を行っております。
下記の記載があった場合は、出荷前チェックをおこなっております。(なお、繁忙期は入荷時チェックのみとなる場合もございます。この場合、下記の記述はありません。)

例)検品印、またはバレルチェック→OKのサイン。 担当者の押印、またはサイン

上記の各種チェック作業は、100%の精度を保証するものではございません。よって、商品受け取り後、御使用開始の前に速やかに状態を確認され、問題がございましたら、未使用のままお問い合わせ頂けますようお客様にお願い申し上げます。

※検品項目は今後、変更となる場合があります。

以上です。